ウェアはPhenix、渋いは渋いな

20何日ぶりに晴れた東京に住むサロットです。

いや〜ようやく晴れたかと思えば、結構暑い日になりましたね。
雨だらけでどこにも行けなかったシルバーウィークでしたが、最終日?東京では
スキーのメッカ神田にあるとあるスキープロショップへ今シーズンのスキーアイテム、
ウェアとブーツを買いに行ってきました。

ウェアといえば!これ狙いです!
b0363387_2394924.jpg
Phenixの2016–2017年モデル


そしてブーツはサロットが売っていなかったので(笑)、
b0363387_2311534.jpg
FischerのRC130 Vacuum full fit

たいした腕もないくせに熱成形できるモデルを買ってみました。いままでとりあえず
初心者向けということで、フレックス(ブーツの硬さ)が90のロシニュールを履いて
いましたが、スピードを出せるようになるに連れ、板をコントロールするのが難しく
なってきたので、一気に130の硬いモデルへチェンジしました。

熱成形がいいと聞いてはいたものの、自分が快適と思っていたサイズ=27.5が実は
店員曰く、大きすぎると言われ、ジャストサイズ=25.5の大きさを熱成形で広げるから
フィットするという説明に納得するも、なにかぴったり=痛い思いをするという固定
概念に悩んだ挙句、26.5にしました(なんて打算的・・・)

ブーツだけで9万円近い買い物が果たして吉と出るか凶と出るか、というかそもそも熱成形
なんていらなかったとか(笑)。その結果はあと2ヶ月後にわかります。

店員さんに「今年は雪降るといいですね〜」という話をしたら、その店に所属するプロの
人がニュージーランドに行っていて、「ニュージーランドで雪が多く降ると、日本も多く降る
のが通例で、今年はよく降ったと聞いているので、たぶん大丈夫でしょう」とのこと。

昨シーズンは記録的雪不足に残念な思いをしましたが、今シーズンはたくさん降って欲しい
ものです。


 
 
 
 
[PR]
by salomon70wataski | 2016-09-25 23:29 | スキー全般 | Comments(0)