カテゴリ:未分類( 1 )

神田のスキーショップ

最近、大きな買い物をしたサロットです。

スキーシーズン到来ということで、心ワクワクのこの頃ですが、今日は自分がよくいく
スキーショップについて書きます。

先にお断りしますが、今日ここでご紹介するお店は、全部自分の主観とその時々の印象
でコメント書いてますので、あくまで参考程度にお読みください。

東京以外の人はわからないかもしれませんが、関東で最大のスキーショップエリアと
言えば神田という場所ですが、最寄り駅でいえばJR御茶ノ水と神田駅の中間にある
「靖国通り」に集中してスキースノボショップがあります。もっとも神田駅から行くと、
道中何もないので、御茶ノ水駅か地下鉄小川町からが便利かなと。

ではとりあえず、サロットが好きな順番にお店を紹介していきます。

1、スキープロショップ「ASPEN」
http://www.aspen-skishop.com
b0363387_12281497.jpg
オレンジがイメージカラーのアスペンさん(写真は昨年撮影)

最初の頃はビクトリアをよく使っていたのですが、近所の方に教えてもらいました。
プロショップというと非常に敷居が高く、スキーの下手な人が入ってはいけない
ようなお店かとおもいましたが(笑)。

非常にこじんまりとした店で1Fは板やブーツの売り場で、2Fがウェアやキャリー
バック、3Fがグローブやゴーグルなどの小物売り場です。
サロットは、板やビンディング、ストックなど、ハード系は全部ここで買いました。
店内は狭いので一人で入るには結構勇気のいるというか、ゆっくり見るのはだいぶ
(勝手に)プレッシャーを感じるので、買わない時はものの3分で出ます(笑)。

スタッフさんの印象は、1Fとその他ではだいぶ違い、1Fはスキースクールのような
人が詳しく対応してくれるます。サロットのような下手なリゾートスキーヤーには
ちょっと申し訳ないほど、硬派な対応をしてくれます。
置いているスキーはATOMIC含めやや中級者向け位がおおいかなという印象です。

2F、3Fは同じ店?という位、印象の違うスタッフさんが居てかなり「アルバイトです」
的な雰囲気です。ちなみに今年のアルバイトさんはとてもかわいい女子
二人がいます!!

2、プロスキーショップ「Vail(ベイル)」
http://www.shop-vail.com

この神田スキー街では一番端っこという小川町駅に近いところにあり、ここもこじんまり
としたお店です。
サロットは、ここでPhenixのウェアとオガサカのスキーキャリアバッグを買いました。
1Fはスキーとブーツ、2Fはウェアと小物関係があります。
1Fのスキー売り場はかなり特殊なものを置いていて、木目のスキーに日本絵が書いて
あるような板を置いていたりします。
b0363387_12292735.jpg
こんなのがあります。外国人、インバウンド向けというところでしょうか(笑)

2Fは狭い店内ながら、センスのいいウェアやゴーグルを置いています。
b0363387_12564267.jpg

お店によっては、値段の安いものを並べるため旧モデル=サイズがあまりないものを置い
ている店がそこそこあるのですが、ここはニューモデルを中心にお店の人の仕入れセンスを
感じるところです。ゴールドウィン、デサント、フェニックス、サロモンなどあります。

3、「FUSO SKI & BOOTS TUNE」
http://www.fusosports.jp
b0363387_12464445.jpg
スキーショップというよりアパレル屋さんという感じの店舗

神田でヴィクトリアに次ぐ広さで、綺麗な店舗です。スキーの板からウェア、ゴーグル
などの小物が一番充実しているお店かもしれません。しかも別店舗でスノボ専門店
などもあり、かなり大企業色のお店でリゾートスキーヤーには向いているかも知れません。

ただし!一つだけ注意すべき点が(笑)。
スキーは、今ではニッチなスポーツに入るので、大々的に店舗を構えて儲かるような世界
ではありません。にもかかわらず、このお店がそれをやってのけるのは、おそらく神田一売り
込み営業がすごいという点にあると思います(^^;。

とにかく入店した人には必ずスタッフがそばに付き、あれこれ話しかけてきます(笑)。
何を聞いていいかわからないような時には、非常にありがたいスタッフさんかも
しれませんが、売り子というより「車の営業」という感じのべったり感が満載です。

こじんまりとしたスキーショップが多いなか、広々として快適に買い物ができると思いますが
そこの家賃を賄うための強力な営業はしょうがないのかもしれません。なので、サロットは、
ここで買い物をしたことは一度もありません(笑)

4、ICI石井スポーツ
http://www.ici-sports.com

全国でスキー予約販売会やスキー場でのイベントスポンサーを務める大手というか、
正確に言えば、全国の技術選考会など学生・クラブスキーヤーをお得意様とする
純スポーツ系ショップ、というより企業というのがふさわしい感じです。

神田のショップもリゾートスキーヤーが行くような雰囲気ではなく、まさに「今度
検定試験受けます」
的な人が多く集うお店という感じです。

なので、値段的にも初心者が買うような安い板より、8〜10万円近いスキーとか
多く置いています。
ここもサロットは買い物をしたことがなく、特にウェア系は地味なものが中心で
リゾートスキーヤーは買わないかな。。。という印象です。

最近、各お店ごとで無料の会員カードを配られ、それを提示すると割引しますと
いうのが多いのですが、実は会員番号も何もないただのカードを配っているだけ
なので、カードがなくてもディスカウントしてくれます。
b0363387_13463151.jpg
4枚もあるカード。。。

ビクトリアのようなカードでは、買い物でポイントが貯まるので、まだいいかも
しれませんが、そういう代物でもないので、何のために配っているのかよく
わからず、むしろ財布が膨らむだけだからやめてほしいかな(^^;。
というか、営業売り込みNo1のFusoさんが始めたのがきっかけかも(笑)

神田には個性のあるスキーショップが多いので、買わなくても見ていて楽しく、
歩き疲れたら近くのコーヒーショップでくつろぐというのが最高の楽しみ方では
ないかと思っています。

余談ですが、サロットがよく使う休憩カフェは下記2店舗です。
NEW YORKER'S Cafe 駿河台4丁目店
とても外観がおしゃれなお店です

エクセシオール神田小川町店
スキー街に一番近くて広いお店です。

いや〜スキー談義をZepher innでやりたかったなぁ〜(^^

 
  
 
[PR]
by salomon70wataski | 2016-11-12 13:51 | Comments(3)